FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
夜に魚群は月を目指す也
或るサークルクラッシャーの話
ネタじゃねぇの~?これ、実話だったらさー、男どももバカだし、この女も大概無自覚すぎてバカ!この世には哀しみしか満ちねえよ!!これあれだろ?あのー、子供に読ませる寓話の現代版みたいな。「いいつけを守らないと狼に食べられますよ~」的な。もうホント、頼むよ。

ていうかコメント群がやたら面白くて、読んでたら「諦めさせ上手」みたいな単語が出てきて表現上手いなー、と思った。こういうシチュエーションだと、いかに上手く予防線張るかが大事なのな。ウソ彼氏でもいいし、やんわり「異性としては興味ない」的なこと言うのでもいいし。

そういえば、80年代当時女性SF作家が珍しかった頃、新井素子はSFファンから「姫」とか呼ばれていたつー笑い話を思い出した。

真面目な話になると、オタクとフツーの人(文体からして、所謂モテない系の女の人ではないでしょ、この人。容姿もある程度整ってる筈)の間で勘違いしやすいのって、コミュニケーションの総量の違いから来てる気がする。なんだろう、特に女の子とか、用事なくてもメール来たりとか、大して気が無くてもどっか遊びに誘われたりとかするじゃないか。そこまでじゃなくても、ちょっとした気遣いをしてくれたりとか。そういうのって、向こうは周りの友人ともそういう風に頻繁にコミュニケーション取ってるからごくフツーの事なんだけど、オタクって、対人スキル低いからあんまそういうの無いじゃん。オレとか用が無かったら他人に連絡取らないし。

だからその落差で、最初は「ぬ、なんだコイツ俺に気があるのか?」とか思ったりしても、「ああ、なるほど向こうにとってはこれくらいがフツーのコミュニケーションの取り方なのかー」とか判るようになれば、こういう勘違いが生む悲劇は少なくなるんじゃないかなーとか。

まあ、人によって基準が違うからね。難しいとこなんだろうな、とは思うけど。
スポンサーサイト
【 2007/11/11 02:46 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<乱歩地獄! | ホーム | ケラケラ笑う兎の太郎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fragiletan.blog61.fc2.com/tb.php/256-86076c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。