FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
雑記
庵野秀明が岡本喜八監督の「沖縄決戦」の影響を受けていることは有名ですが、なんか探してたらようつべにありました。

沖縄決戦(船が七分に、海が三分)
いやー、前にも見たことあるんですけど、ホントにトップとかエヴァの演出は、まんま沖縄決戦ですね。レイアウトとか、あと爆発もそれっぽいし、何よりテロップを効果的に使った手法は全く同じ。これで田中公平の音楽をつけたら、まんまトップだ。

何が大事って、巧く演出を盗んで応用させるっていうことだよね。「巧く」ってのが大事な。あと古典的なところからネタを引っ張ってくるって重要だと思う。(全てのカットに引用元がある、と明言されているトップを前にして何を今更という感じだが)。

庵野秀明が宮崎駿のことを「手抜きの天才」と言っていたが、それはすなわち「手法の発見の天才」である。手法の発見/蓄積ということは、つまり「スタイルの確立」である。今の世の中というのは、誰もが上手くて、そして似たり寄ったりに個性のない時代であるから、スタイルの確立というのはそれ自体が武器になる。

頭というのは使ったもん勝ちですよ、という、話。

・メモ
「おまえの口にくちづけしたよ」
これってサロメだったのか!昔、楠本まきの「Kの葬列」という漫画に出てきた好きなセリフだったんで、なんとなく検索してみたんですが。

このエピソードは、とんでもなく退廃的で美しい。ヨハネの首から滴る血が地面に跳ね、サロメが物言わぬ首にくちづけすると、あたりから次々に花が咲いていくシーン。ジブリアニメみたいなグリグリ動く動画でみてみたい。

因みにこの絵だと怖いけど、サロメ美人なんで。どうです、こんな美しいキチガイに慕われるなんて、浪漫が沸いてきたでしょう。相手を殺害するほどの愛っていいよね。
スポンサーサイト
【 2007/06/21 23:12 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<雑記 | ホーム | 雑記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fragiletan.blog61.fc2.com/tb.php/216-0aa202e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。