FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
雑記
・黒博物館スプリンガルド 最終話

「泣いてんのかよ?ウォルター・・・」
傑作だった!傑作だった!傑作だった!と強く言っておきます。俺はこの人が描き続けている限り漫画への忠誠心を失わない。

藤田和日朗の中篇は、とにかく構成・演出が巧い。にも関わらず、重要なシーンでは割と「面倒は抜きにして絵の迫力で勝負しようや!」みたいな感じになるあたり、絶妙なバランス加減。

あと、ウォルターって、白銀ですよね。白銀に出来なかった生き方を、おそらくはその最後に望んだであろう在り方をこのような形で叶えたのだ・・・などというのは穿ち過ぎでしょうか。テーマの引継ぎというか、キャラの転生みたいのは藤田先生好きなので、そういうこともあるかなと思いますが。たとえば、からくりのギイって、あれ秋葉流の引継ぎだ(と俺は思う)し。

いやしかし、俺、ウォルター好きだ。
スポンサーサイト
【 2007/06/17 03:56 】

未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<雑記 | ホーム | new orderはどうか。>>
コメント
--- ---

ウォルターの嫌いなオタクなんて以下略。

前半部をざっくり読み逃したので、今度漁りに行きます。つか、すぐに次の短編来るのかと思ったらそんなこともないのな。
漆屋 * URL [編集] 【 2007/06/18 00:57 】
--- ---

つうか、ウォルターと警部の一連の会話が漢すぎる。「花嫁は・・・綺麗だったか・・・?」とか「泣いてんのか、ウォルター」とかのあたりが特に。
ニャル * URL [編集] 【 2007/06/18 21:01 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fragiletan.blog61.fc2.com/tb.php/213-b7ea9c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。