スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
雑記
オウム・アレフ(アーレフ)の物語を読み始めた。「それが知りたかったんだよ!」という発見に満ちていて読み応えあります。

冒頭に
なんでそもそも、原始仏教だの出家だのというものを探し求めていたのだ?なぜそんなものを「ずっと探して」いたのか?
という疑問が出てくる辺りがもう、凄い。そうだよ、その「何故?」を訊きたかったんだよ。

松永氏の立ち居地をどの用に扱うか、あとこの文章を全て素直に受け取っていいのか、とかで変わってくるだろうが、取り敢えず自分のスタンスとしては素直に読んでる。

途中まで読んで、これってある意味では青春小説だよな、と強く思った。

山本直樹がイブニングでレッドっていう連合赤軍の漫画描いてるんですけど、それともちょっとイメージが被った。あれも赤軍派を当事者として、青春漫画みたいに進んでるんだよね。昔、バリ封鎖とかの話を聞いたときに「イデオロギー云々はおいといて、それって何かお祭りみたいで、ワクワクしながら楽しんでたんじゃないだろうか」と思ったんですが、その辺が描かれてて興味深かった。

関連:
アレフブロガーの時代
絵文禄ことのはインフォーマル
スポンサーサイト
【 2006/12/27 00:56 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<コカコーラで煮る。 | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fragiletan.blog61.fc2.com/tb.php/162-3586fc49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。